豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2017.10.14
好きだなぁ、やっぱり

テーマ:未分類

沖縄の店ではおかわり自由だったなぁ。飲むサロンパス、見事な表現。

2017.10.10
作新吹部定演

テーマ:未分類

今回もギターのコーチとして呼んでいただきましで。

本番は心配でとても楽しむ余裕なんかないと思っていましまが、

気付けば号泣。

静寂も演奏の1つ。涙と一緒に垂れ出た鼻水をいつすするか、タイミングにかなり気を配る。全体の雰囲気ってものがある。すする鼻水の音一回で空気変えてしまう事も、無きにしもあらずw

色々言いたいけど、とにかく素晴らしかった。

身体がのけぞるような「オペラ座の怪人」もう3〜4回観たい。色々思い出したり、泣いたりでいまいち噛み締められなかった、、

今までライブをたくさん観てきた方だと思うけど、本当に良かったライブを観た時に共通してる事、

「終わってみるとあんまり覚えていない」

です。自分が演奏する時もそうだったかもな。良い時ほど記憶に残ってない。ダメな時だけやけに鮮明にしっかり覚えてるからタチ悪い。

生徒の演奏はそれはそれは本当に上手なんだけど、それ以上にとてつもなく大きな「青春の波動」というか、もう「命の音」と言ってと言い過ぎではないな。そんなものに呑みこまれたよ。もちろん血の滲むような練習あっての事だと思いますが。

2000人の客も満足したと思うなー。2000人て、、羨ましいぞ!

みんな輝いてた。キラキラしてた。つーか、自分が涙目だったのでそう見えたのかもしれない。輝いて見える、ってそういう事かもね。

感動をありがとう。

2017.09.21
冷や汗と脂汗と心強さと

テーマ:未分類

見上げるパネルにはシートベルト着用のランプが眩しいくらいに光ってた。

「まだダメっすか?、、やばいんですけど」

客室乗務員、胸の前で待て待て、のサイン。

少し寒いくらいの機内で汗だく。

搭乗前にはきちんとトイレを済ませたのに。

離陸前から怪しくなって、そこから大至急で強めの便意、、、

昼食後の多めの水分のせい。

大きく仰け反りながら、肘掛けをつかみながら。。

「俺達のプレイラウンドに引いたあの時のライン、6秒フラットで走るつもりでいたんだ、撃鉄が落とされ 俺達は駆け抜けた、人生という見えないゴールへ向かって」

長渕剛 「勇次」

撃鉄とはベルト着用のランプが消える「トゥーン♪」の音。

間違いなく今年1番ヤバかった、、断トツ。

機内でウン◯漏らした、という事態を受け止め、これからの人生を歩んで行く決心はほぼできていた。

本当に助かった。神様っているんだと思った。


奄美大島。色々と勉強させてくれるよなぁ。