豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2019.07.28
作新県大会9連覇おめでとう

テーマ:未分類

作新学院、夏の県大会9連覇。

気付けば5年連続胴上げを見ている。夏の県大会しか観ていないけど、そう、そりゃそうだけど、負け試合を観た事が無い。

作新学院野球が好きな理由

①甥っ子が吹奏楽部員であった

②夏には何故か無敵になる

③ほぼ県内出身の選手で、寄せ集め感がゼロ

④選手を見ていると監督の野球以外の指導もとても素晴らしい事が何故かわかる(野球部に限らず、応援団、吹奏楽部員にも言える)

今年はある意味1番優しく、厳しく育てたと言う小針監督の言葉の裏には、一時期、三年生に三週間の練習禁止期間があったんだとか。六月に本気になってくれた、って言ってたから、恐らくかなり最近の事なんでしょうかね。

あぁ、なんか、やっぱいいよ。

青春ってこうあるべきだ、っていつも思い出させてくれる。

年齢じゃなくてねw精神的なところで、よ。

2019.07.02
最高かぁ?おぃ。

テーマ:未分類

G-freak factory

vo.茂木さんの俺のお気に入りのセリフ

「最高かぁ?おい」

扉を開けるとヒトの壁、、これは一体どうやって入るんだ状態。

何年ぶりだろう、、グツグツ煮え立ったライヴハウス。

お客様みんなギラギラしていた。

会場入り口付近で久しぶりの慣れない雰囲気にひとしきりキョドッた後、一旦呼吸を整え、せーので「しゃーせん!しゃーせん!」って言いながらグイグイと進み何とかポジションゲット。

酸素が薄い。。顎を上げて少しでも鮮度の良い酸素を吸う。

既に尿意と戦っていたのでトイレ付近に。

ライヴはやっぱ凄かったな。

結局、俺、、何を感じたんだろう。。

よくわかんないけど、現実逃避とは真逆の感じと言うか、

あぁ、俺、生きるんだ!ってなったかな。喪黒福造のドーン!に似た感じ。完璧に圧倒された。

去年加入のドラムのPONはかつて同じバンドで色々な思い出がある。

とんでもなく久しぶりに会ったけど、やっぱ彼はクソだった。何も喋らなくてもどこか図々しくてふてぶてしい雰囲気。もちろんこれは褒め言葉にあたる。

めんどくせーめんどくせー言いながらしっかりやるタイプの人間。

Gフリークを救ったのは俺だ、と本気で思っているに違いない。図々しい人間だから間違い無くそうだ。

彼とは同じ名前「ひろゆき」

共通点は何一つ思い付かないし、どう考えても他人にしか思えないけどw最高のブラザーだと俺は思ってる。

「助け合って夢を語るそれが人ってもんだ」

バンドはいつ終わるかわからないからな、尊い。もしかしたらこの日が観れる最後のライブかも知れないと思うと、最終的に自分の命を凝視せざるを得なくなるというかね。うん、これが得た感覚だな。

ロッカトレンチ来たー!!いやいや、、ディスポートでしょww!

って迎えてくれたGのメンバー。

最高かぁ?おい。。

桃鉄みたいな移動ばかりなのでどうか今後も安心安全、健康でまた会いたい。

2019.05.15
群馬のローカルヤンキー

テーマ:未分類

群馬のローカルヤンキー

G-FREAK FACTORYのシングルを買った。

収録されている曲は動画サイトで知っている。それでも買った。CD自体の価値がほとんど無いような時代だけど、それでも買った。それほど良かった。CDを買う、という昔と比べると凄く高くなったハードル軽く越える程良かった。

20年前から知ってるバンドだけど、20年前から強かった。嫉妬するくらい強かった。20年経った今、、言うまでも無かったわ。

20年前自分がやっていたバンドのドラムが去年ジーフリークに加入した。辛抱強く信じ続け、貫き続け意地を張り続け、今嫉妬するバンドのメンバーになっている。胸が熱くなる。

このバンドは忖度無しに日本の宝だと思う。

ボーカル茂木さんにメールした。最高の曲ですね、と。

とても熱い涙ものの返信が来たわけだけど、内容はもちろん伏せる。が、

このシングルの初回特典のDVDを見ればどんな返信だったのかわかると思います。

バンドを続けるって本当に大変で辛い事だけど、バンドって良いよ。本当に良い。本当に人の心を揺さぶる。

良い音楽じゃない、良いバンド。

これに尽きる。尽きる。

こんなありとあらゆる感情がたっぷり入ったバケツを一気にひっくり返すような曲と、DVDに

ひとしきり涙した。本気でw

その内、CDは無くなると思うけど、バンドとライブってのは絶対無くならない。