豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2011.10.23
ツアーボヘミアニズム5 金沢

テーマ:ライヴ

今夜もしっかり飛ばして来ました。

久しぶりの金沢、楽しみにしていたし、ま、もちろんどこも楽しみですけど、待っててくれた人がいた事に感激しました。本当にありがとう!!
ライヴもあっという間だったけど、楽しかったわよ。

前回は一人で兼六園に行ったんだけど、物凄い良いパワーがありますね。多分ありそう。今回は行けませんでしたが。

金沢にはもう本当に昔からの友達、幼稚園一緒でサッカーも一緒、小学校一緒で野球も一緒、中学校一緒でバスケ部一緒。私がやってきたスポーツを全て全く同じだけの時間を共にしてきた友達。一番深い友達が住んでます。

ライヴ後に食事に行きました。

彼は金沢で高校の教師をやっています。

まぁ、最初に行った店は高校生は入らなそうな店だったので楽勝。

やっぱり、教師ともなると、街で生徒と会うのはいろんな意味でちょっと、、何というか、できれば会わない方がいいし、しかも、こんな頭している私と一緒にいるとこ見られたら、ね、あんまり、印象良くないと言うか、会わないにこした事ない、ってな感じで。

食事後に軽く茶でも、ってな店を探してました。

んーー、ここは人が多いな、ちょっと危ない、やめとこ。

ここは若い人が多いな、パス。

うん、まぁ、ここなら大丈夫だろ。

入店。

最初のテーブルに生徒。

テーッテレーー!

裏の裏で表!みたいなね。

でも卒業生だったので、オッケー。

ロッカトレンチを知っていてくれてて、嬉しかったし、友達もちょっと背筋を伸ばしてくれたようで、何とも恐縮ですが。

しかし、話が終わらないのよねー。

でも仕方なく終了。

彼は部活の顧問もやってるから休みなど全く、本当に全くないのだ。

だから会える機会などそうそうなくて。。

別れ際が悲しかったよ、ブラザー、、

スクールウォーズでおなじみの部活の顧問。

明日は憧れの地、花◯を目指す初戦らしい。是非とも、行ってもらいたい。

ちなみに彼は花◯で優勝しています。

自慢の友達です。

やべ、寝ないと、明日新潟も飛ばすよ、マジで飛ばすよ。吹っ飛ぶよ?

写真は今日行った高崎屋(漢字は細かく違います)

いやぁ、お寿司、のどぐろ、おいぴかったでつ。

お店で写真も撮って頂きました。飾ってなかったら誰かお店行って「目立つところに飾って」と言っといて下さい。

20111023-034711.jpg

20111023-034721.jpg

2011.10.22
VSコックローチ

テーマ:日常

出ました久しぶりに。ゴキ。

ギターの練習をしていたら、申し訳なさそうにソロソロと私の左を通過。

「フンガッ!」って言ってしまった。

子供の頃は昆虫大好きな少年だったけど、

これは違うよね?絶対違うよ。

戦う覚悟をして殺虫剤を取りに行った。

戻ったらさっきいたはずの場所に居ない。。

やっちまった、、

と思ったら逆サイ(思ってた方と反対側)から登場。

ほんの数秒でサイドチェンジしてきた。こいつ、やるな、、

でもどうやって行ったんだか、、

いや、、もしや、、

この一匹は別件か?アザーか?

この部屋にツートップできたのか?

血の気が引いたがまぁいい、目の前の敵を倒す事だけ。

スプレーのノズルを伸ばし背後からアタック。

ちょっと歩きが遅くなっただけで効いてるのかサッパリだったが、、一時間程集中噴射(実際は数秒)

すると、

無念、、、、と言わんばかりにひっくり返った。

でもあいつら死んだふりとかするからな、

トドメのトドメをうち続けた。

逝った。

長い戦いが終わった。

しかし、ここからだ、この亡きがらの処分の仕方、、

いろいろ考えた末、

新聞広告を細長く織り、すくい、トイレに流しました。

いやー、男ながら本当情けない。。

20111022-000350.jpg

2011.10.21
無理はするもんだ

テーマ:日常

タイトルは特に意味ないです。

あーー、非常に疲れました。

ぼちぼち用事があったので、栃木から都内へ戻り、用事を済ませて、夜はフットサル。今夜は全く動けなかった。いや、いってるんだよ?イメージはね。ビシッとね。

疲れるとね、こう、ボールをもらってからシュートにいくまでの一連の動作で、自分の体力をボールをもらった時点で使い切ってないと思っていたが実は使い切ってしまっていた、という状態があるわけだ。軸足がボールさわっちゃって空振りズッコケみたいなやつ。それがまた笑いを誘うんだよね。。スポーツで笑われるのは大嫌いなんだよ、私は。
真剣な時に起きた事だから、まぁ、笑いが起きるのは正しいっちゃ正しいんだけど。

で、もう今日は風呂入って寝るべーと思ったら、真からメール来て、10.19ロッテ対近鉄のYouTube観てと来てさ、まぁ、観るわな、

これが非常に興味深い。

みんな観た方がいいよ。

野球の話なんだけど、ま、野球の試合自体も凄いんだけど、日本におけるプロ野球の存在する位置というか、日本が、テレビが、娯楽という物の捉え方が今とは全く違う事を思い知れます。

「あの頃は良かった、だって?それはお前が止まっとるだけじゃ」

僕の大好きなイースタンユースの吉野さんの言葉です。

あ、今ここでは関係ないです。

思いついただけです。

でも、あの頃と比べてしまったね。

時代が良くなったとか悪くなったとかじゃなくてね、何とも切ない気持ちになったわけです。

でも多分あの時代の31歳と今の31歳(私)は絶対違うよ。世の中に希望しか見えてない時代だったと思うな。じゃあ今に希望がないのかと言えばそうじゃなくて、あー、ちょっと、、もういいや、また今度にしよう。

おやすみなさい。


123