豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2012.11.18
ハト的な

テーマ:日常

いわゆる「ハト」的な首の動きと、それを大きくした動き、また、

激しく首を振るなんて動きはギター持った時以外はやらないし、

演奏中はこれくらいなら動かしても大丈夫かな、なんて思わないのでね。

いろいろ筋肉痛。

今日は寝よ。

そう言えば、シブ公の一日目、

楽屋に凄い人来ました。

私はフリーズしましたけど。

もう全員集合しちゃうような人、

ひょうきん族は録画してそっちを観ていたタイプでした。ごきげんなやつね。

普段は変なおじさんではないとは思っていたけど、やはりと思えるほど物静かな渋いジェントルマン。

腕を前に指先までまっすぐ伸ばしてひじから水平に曲げて、ね、
顎をさ。ほら言ったでしょ。

一番好きなキャラはひとみ婆さんかな。ひーちゃんって呼んで下さい~ってやつ。あとは神社の中から出てくる神様のやつ。

あぁいう番組無いよなー、コントばっかのやつ。

2012.11.18
シブ公2日目

テーマ:ライヴ

トータス松本ツアー3本目

渋谷公会堂の2日目

昨日と同じ会場ですが、なぜか雰囲気が全く違う。

音の鳴りも違う。ような。

今日はうかつにも演奏しながら歌詞にやられて泣きそうになったが、以前、この感覚の直後にミスを犯した事を思い出し、スッと戻る。

やっぱりライヴだね、

演奏の事故もライヴならでは。

もちろん、無い方が演奏する側にとっては良いし、それを目指していますが。

今日は事故ったな、、

自分が引き金になったのではないかと思い込んでしまいますが、

ここはひとつ、まわりの先輩には申し訳ないですが、みんなの物として捉えますw

ステージに出る前にトータスさんはみんなに言ってくれます、

「今日も何が起こっても笑ってごまかす!」

だいぶ楽になりますね。

ここに来て、若干の余裕が持てるようになったのか、

このツアーのステージの尊さに気付いて来ました。

あっという間に終わるんだろな。

そう、来月の今はもちろん、終わっているんです。

時を噛みしめるなんてあんまりできないよね、時間は一定に刻みやがるしね。あとあと記憶に残っているかどうかでしかないですもんね。

つか、シブ公終わったのかー、、

あーあ。

もっかいやらしてくんない??みたいな。

今日は耳が逝ってます。

「スーーーーー」って言ってる。

ライヴのあのピリピリ感って言うか、期待を肌でもろに感じる感じ、

やっぱりこれはなかなか良いですね。

初めてライヴやった時からそんなに変わらないですからね。

20121118-005618.jpg

2012.11.17
渋谷公会堂一日目

テーマ:ライヴ

トータス松本ツアー二本目

渋谷公会堂。

初めての会場ってのはバックステージの形が全くわからないので(何回か行ったけど)だいぶウロウロ。

1000人規模の人相手を音でブッ飛ばすのにはどこでライヴやっても一緒だとは言え、それなりのエネルギーが要ります。

しかし、快感だったなー。

おかげで物凄い尿意だったw

ドラムの池畑先輩が「なかなかまとまって来たよ」と言ってくれたのが本当に嬉しかった。

ライヴ前はやたら緊張します。今まで毎回です。

身体が縮こまらないようにストレッチもだいぶします。無駄なほどw

明日は2日目。

土曜なので少し開演が早いです。

これもテンションを合わせるのに気をつけるところでもあります。

今日はオータケハヤト氏が来てくれました。

去年の12月、ロッカトレンチが活動休止をしてから初めて会いました。

約一年分の話を一気に交わしました。

これも凄く楽しかったです。

帰り際、「じゃ、また」

と、軽く肩を叩かれましたが、

ちょっと泣きそうになったのは本人には言えません。

どういう込み上げた気持ちかは自分でもわかりませんが。

さ、睡眠は何にも変えられない充電方法です。

寝よ。

20121117-020009.jpg


123