豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2013.12.01
ダル、、

テーマ:未分類

風邪を引きました。

やりました。

こないだのブログ前から具合は優れていないからだいぶ長い事潜伏して来た。潜伏していたわけじゃなく弱ったところに喰らったって可能性もあるけど、

つか、何も言えねー。しんど。。

今日行ったところは始めての病院で、

なんかあんまり頼りにならない医者だった。

薬は俺に任せとけ、いちいちお前が聞いてくるなよ、わらっちまうぜ、って勢いの初老の医者だった。

とりあえず、明日まで寝る。

重いなぁ、、

いつもコメントありがとうございます。

内容はどうであれwわかりやすい、見ていただいてる反応としてとても嬉しいです!!

嬉しくない内容のもあるけど。

99%は嬉しいものですw

2013.11.28
覚悟はいいか

テーマ:未分類

タイミングってやつですよね。

ふとした瞬間に耳に入って来た。

メタリカ・スルーザネバー凄かった、と。

映画の話であります。

今夜はハジ→のツアーの打ち上げでして、その前に時間が出来たので、浦和までw

そのなんでもIMAX3Dというスタイルの映画が凄いんだと。。

いつの間にか3Dの世界に慣れてしまうと現実の世界も映画の中のような錯覚に陥る。いや、錯覚ではないか、これが3Dってやつだ。3D酔いってやつかな。

メタリカ好きにはお勧めします。

でもやっぱりライヴにはかなわなかったね。そこはもちろんなんだけど、少し安心したというか、、さすがに映画は映画だ。もうもろにライヴみたいな感じしたらどうしようかと思ったけどね。

しかし、興奮したな。

覚悟はいいか、って文句も好きです。

ライヴってなんだろか、音楽ってなんだろうか、メタリカって何者なんだろうか、って考えたな。

そんな興奮を引きずり打ち上げへ。

熱いチームです。

本当みんな素晴らしいよ。

また弾く機会がある事を願うばかりであります。

話足りない感じでしたが私はドロップアウト。。

うん、喉が痛いのだ。

20131128-001719.jpg

20131128-001728.jpg

2013.11.25
麻畑

テーマ:未分類

神道を勉強していると(そんなにしていない)必ず出てくる大麻(おおあさ)。

昔から日本では神聖な植物として重宝され続けてきたのには間違いない。

麻=大麻である。

日本の法律では持っているだけでそれはそれは重たい処罰を受けます。

覚醒剤=大麻と思っている人が多いと思いますが、これは大きく違います。

大麻解禁運動をここでするつもりでは全く無い事を先に強く言っておこう。

栃木県には麻を育てているところがあります。それは国の許可を得ているところです。普通に道路沿いにあります。育っているシーズンに知らずに摘んで持っているだけでもそれはもちろん処罰です。そこは気をつけないといけないところです。

今は収穫を終えまっさらな状態であると聞いたのですが行ってきました。

麻から紙を作ったり、繊維をつくったり、それが衣類になったりします。

その工程を見学させてもらいました。

いや、つーか、そもそも、知ってますか?

相撲の横綱の横綱(しめ縄)、これは大麻でできています。

なぜでしょうか、

これは相撲が日本では神聖な競技とされてき続けた事を表しています。

相撲、最近大好きで、横綱だけがしめれるあの綱が大麻でてきているとは最近知りました。。

マリファナ=大麻です。

焚いて吸引する事で使用、逮捕、という話がほとんどですが、

ここで育つ麻はその吸引による精神への変化を及ぼす成分は抜かれ品種改良されている種から育っていますので、こっそり摘んで焚いてみたりする法律知らずがいたとしてもそれは何にもなりません。

そういう目的で育てているわけではありません。

大麻は言わば雑草であります。その強い生命力は魂の象徴でもある、ともされてきたようです。

夏前くらいには大麻を使ったいろいろな体験や見学もできるようです。

おそらくこれでは誤解を生む記事となるかもしれませんが、

大麻の歴史を調べると面白いですよ、って話。物凄く古い歴史があります。単なる犯罪になるもの、で終わらせるにはどうかと思うほど深い意味のある植物だと言う事。

知ってみて欲しかった。

このワードを使うだけで、この人、、ってなり兼ねませんが、そういう世の中ですが、日本には根深く存在し続けてきた植物です。

20131125-004043.jpg

20131125-004104.jpg