豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2014.02.28
ひさびさあがったわ

テーマ:未分類

はっきり言って当て振り、口パクが音楽番組を本当につまらなくさせてるし、観てる方も上がらないし、いつからか期待も何もしなくなったよね。。
ま、自分もそれをやってきたけども。。

音楽ビジネスとして仕方ない場合がたくさんあるんだけど。でもそれってどんどん聴いてる側の質を下げてってると思うし、つまらないものがどんどん売れていくように思います。

とにかく、今夜のウルフルズのMステでの演奏に感激したという事です。久しぶりに音楽番組で胸が踊ったわ。

ヒリヒリするっつーか。のめり込んでしまい、何が起きるんだろ、、ってドキドキする。

当て振り、口パクかどうか、なんか実際のところはまわりに言っちゃいけない、みたいな雰囲気あるけど、どうなんだろ、、

ま、あんまり暴露みたいな事はするつもりもないけど。

朝早くからスタジオに入り、弾いてるんだけど実際にはカラオケに合わせて弾いているふりだけ、んでほぼ一日をリハーサル、通しリハーサルに費やし結局本番もカラオケに合わせて弾いてるふりだけ、

単なる「曲」という商品の宣伝ですよね。

ビジネスの流れの一つに過ぎません。

これはこれでとても大事な事です。

でもそれは音楽を届ける番組ではなく、

「曲」という商品の宣伝、でしかありません。

だから結局つまんないんです。

熱が全く伝わらないのです。

そりゃそうですよね、「フリ」なんですから。

音楽で生活しているミュージシャンより、音楽業界で働いているいわゆる音楽業界リーマンの人数の方がおそらく多いですから。そうするとおのずとそうなりますよね。

でも多くの人に素晴らしい音楽を届けるにはメディアももちろん必要です。

何が言いたいのかと言うと、

とにかくウルフルズの演奏がそうとうパンチあったって事w

こういう番組なら観るなぁ。

スカッとした。

(全ての音楽番組がそうではありませんので、あまり深く考えなくて結構です。何だかんだ言いましたが、結局ライブを生で、目の前で、観るのが、感じるのが1番良い事に変わりはありませんって事を言いたいだけです。って事にしておきます)

2014.02.25
きましたね

テーマ:未分類

発表になりましたね。

ウルフルズの活動再開のニュース。

胸が熱くなります。

活動再開を決断する、それも誰もが知ってるようなビッグバンドが、

そうとうな勇気というか、覚悟というか、

あんまり私が言えた立場ではありませんがw

凄いです。

私の憶測ですが、

これに踏み切ったのは、やっぱりウルフルズが好きだ、とかそういう次元の気持ちじゃないような気がするんです。

じゃあ何かって言ったら説明できないけどw

「どうでもよすぎ」

先行シングル?のタイトル。

渋すぎる。

というか、強過ぎる。

歌詞は世の中に対して放たれた言葉が綴られているようだけど、

私には

爆発的な挑戦的な訴えに聞こえます。

文句ある奴出て来い的なやつ。

直球な上にハイセンス。