豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2020.04.26
本来なら

テーマ:未分類

本来なら昨日、山森大輔と大阪での弾き語りのライブを終えて、はぁーー、、もうしばらくいいや、、何もしねぇ。って感じの達成感でいっぱいになってるはずだった。

ライブ延期を決めた当初は「なんだ、、やろうと思えばやれたじゃん」ってなる事を軽く予想していたが、結果、真逆になってしまいました。。

テレビつけりゃそれ、携帯覗けばそれ、、鬱になるってのww意見は人数分あるし。。

とにかく、幸せを感じる事、喜ぶ事、楽しむ事は基本制限されていないって事を忘れてはいけない。色んな情報に飲まれて、それ、忘れがち。この類いの話はこれくらいにしておこう。

活動を休止中のロッカトレンチですが、約9年の歳月を経て動画内で集合しました。個人的には動画が完成するところがゴールでした。でも、せっかくなら発信できるものにしよう、となり今回のような形になりました。

制作段階でこんな感じでできてるよ、って映像が送られてくる度に段々と重なっていくメンバーとその音に、これ、結構感動するな、、、と胸が熱くなったりして。

そして、予想を越える反響に驚きました。嬉しかったです。

色んな人の心の中で生きているんだなぁと感じました。(多分ずっと死なないので)

山森氏との弾き語りライブは延期となり、まだ日程を決められる状態ではありませんが、やる気です。

精神的ダメージ、経済的ダメージ、皆様色々あると思います。

他人の幸せを願うほど自分の心に余裕はありませんが、どうか、みんながどうにかトントンな感じになりますように。

2020.04.14
頭ん中までお花畑

テーマ:未分類

このタイミングで茶をしばき上げる動画をアップするとは、、もう脳みそ膿んでるわ。絶対。国民に喜ばれると思ってやった事かと思うと、気絶しそう。。めでたく脳みそお花畑。。。(怒)

あまり他人の文句言うもんじゃないけど、これはダメだね。人間としてダメ、男としてダメだ。本当に直接言いたいわ。正気かな??本当にまともなのかね???一周して俺の頭が実はバグってんのか??ってなる。

あとミュージシャンを舐めんな、って事も付け加えておく。オメーは今は入ってくんなよ、、って。今は、ね。今は。だよ。

どっから見てもディスってるよね??人間には立場ってもんがある。どこにでも土足で入って良いわけがない(怒)

日本人の自分がちょっと恥ずかしい。ダサいよね、、

シグネチュアモデルのマスクも届くんでしょ???

財務大臣が筆頭株主とか。。。色々な噂はありますが、どこ切っても良い方向には考えられない。

もう、、これっきりにしたいこんな政治。

反省して責任取らないといけないのは私達国民だわ。マジで反省。

イライラするだけなので、ファミコンミニとスーファミミニを貸りたんだけど、、これ入ってるタイトルが贅沢過ぎて、、、なんか、、もう逆にしんどいwww

2020.03.21
4/25弾き語りライブ延期のお知らせ

テーマ:未分類

明日予約受付開始予定だった、 山森大輔×豊田ヒロユキpresents『Essential Amino Acid』の開催を延期することに致しましたことをお伝えします。

新型コロナウイルスへの対策は「集団」「密室」「近距離発話」を避けることと言われています。

ライブの現場は確かにいずれも該当してしまい、多くのイベントの開催が見送られています。

いちミュージシャンとして私たちは仲間の表現や、生活の糧を得る機会が失われているのことに胸を痛めておりました。

cafeRoomのような地上階で大きな窓があり、着席でのアコースティックライブに関しては、入場者を半分程度に絞ったり、PAを使わないで音量を下げて窓を開けて演奏する時間を多くするなどの対策でリスクを減らし公演を実施出来ないか…という模索もしてきました。

ただ、今回は山森大輔と豊田ヒロユキがROCK’A’TRENCH休止後、9年の時を経て一緒に音楽を演奏するという我々にとっても特別な位置づけのイベントです。

楽しみにして頂いている皆さんが、心に不安を抱いていたり、声を出すのを遠慮したり、チケットを入手して頂けなかったりする状態で敢行するのは、私たちとしても本意ではない…という結論に達した次第です。

4/25を楽しみにして頂いた皆さん、申し訳ありません。

このイベントに関しては、最高な景色を紡ぐべく、いろいろ綿密に計画や仕込みをしてきています。延期先の日程はこの後調整してまたお知らせしますね。

とても困難な時期ですが、笑顔で皆さんと会える日が必ず来ます。その日まで、私たちは今できることをしっかりやって行きたいと思います。皆さんも不自由なことがたくさんあると思いますが一緒に頑張りましょう。

山森大輔、豊田ヒロユキ