豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2011.10.20
今日のセットリスト

テーマ:日常

栃木に来ています。車を運転して来るんですが、何故か運転席に座ると瞬間で眠くなるタイプなので、本気で歌いながら車を走らせます。

で、今日の車内のセットリストを発表します。

(順不同)

斉藤和義 ウサギとカメ(3回)

山下達郎 希望という名の光(2回)、ずっと一緒さ(3回)、SPARKLE

ユニコーン i’m a looser(イントロだけ)、大迷惑、may be blue、雪が降る町

鶴 さくら、夏の魔物

KinKi Kids 硝子の少年

爆風スランプ 大きな玉ねぎの下で

eastern youth 静寂が燃える(これで声が潰れた。しかも3回)、大馬鹿流エモーション!

長渕剛 夏祭り、顔、僕のギターにはいつもHEAVY GAUGE、HOLD YOUR LAST CHANCE(本気泣き)、TIME GOES AROUND、俺たちのキャスティングミス

30曲程度を本気で歌いました。

気持ち良くトレーニングができました。別にトレーニングとは思ってませんが。

ありがとうございました。

今日の最高のナンバーは声を枯らしたイースタンユースでした。

2011.10.19
こんなの見たことない

テーマ:日常

野球に興味無い人すんません。

こんなに熱い西武ドーム久しぶりだ。
立ち見も何重にも重なって、
チケット約33000枚が売り切れ。
ドームに入れない人も球場前で応援。

これだけで泣きそうだ。

劇的な勝利でした。
CSとか細かい話はここではやめとこう。
最後は緊張でゲロ吐きそうだった(こないだの盛岡わんこそばとは違う感覚)
地元の友達ももちろん集合。
一人は途中、試合が観れなくなりでトイレで泣いてたらしい。それは超ウケる。

33000人が一つになって応援すると、轟く、とでも言いましょうか、揺れるんですね。バンドのライヴではあり得ない状況です。たまらん。

ちょうど自分の席からライオンズファンでお馴染みの小倉智昭さんが見えた。
一度食事に招いていただき、連絡先も知っているんだけど、なかなか連絡できませんでしたが、思い切って電話しました。

「小倉さんそのまま左見て辿ってって下さい、頭が真っ赤なのが僕です!」

思い切って髪の毛を真っ赤に染めた甲斐がここであった。すぐ気付いてくれて手を振ってくれました。

その後、なんと私の席まで会いに来てくれました。わりと人目につく場所だったけど、一応帽子取ってお辞儀するでしょ?その時のまわりの視線を凄く感じたわけ。

あの小倉智昭さんが一般のシートまで出てきて(小倉さんは年間シートと言って普通では座れない席です)わざわざ会いに行ったあいつは誰なんだ、なんだあの頭の色は何だ、何もんだあいつ、って目で見られたくさい。

非常に気持ち良かった。。w

そんなこんなで、ライオンズも負けられないし、頭ん中がいっぱいいっぱいでした。そしたら浅村選手がベンチ戻る時にボールを投げたんだけど、自分の席に来た。こないだも来たし。こんな事あんまり無いよ。

地元帰ってからも大盛り上がり。

ライオンズトークは終わらないのよ、、

しかし、最高の試合でしたよ。

しかも今日誘ってくれたのは、こないだイベントで斉藤和義さんと一緒になったんだけど、そこでライオンズの帽子をかぶった人がいて(滅多にいない)声をかけたら、とある事務所のディレクターさんで、まぁ、そんな事よりライオンズファン同士という事ですぐ仲良くしてくれたササキコウさん。

本当にありがとうございました。

いやぁ、出会いって素晴らしいよね。

待ってちゃダメよ。

この人だ、ってピンと来たらすぐ行かないとね。

女性にはいけませんが、男には迷わずすぐ行けるんです。私は。

ハァーー、、とりあえず、素晴らしい。

まだあるけどね。

20111019-014858.jpg

20111019-014914.jpg

20111019-014927.jpg

2011.10.18
俺は決めた

テーマ:日常

決めた。明日はライオンズを勝たせる為に行くぞ。
勝つしか無いんだ。

威嚇射撃など要らないんだ、

全球命中でございます!

奇跡なんか起きないよ。

ライオンズが勝つ事は、クライマックスシリーズに出る事は、日本シリーズで勝つ事は奇跡なんかではない。

明日はまだまだ通過点なんだわ。

俺は信じているから行くんだ。

20111018-031049.jpg