豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2011.10.17
日本新記録!?

テーマ:日常

豊田信一郎、私の父、
昨日、静岡で行われた水泳大会にて、
バタフライ25m
タイム13.00
残念ながら公式の大会ではないので公式記録としては扱われないが、
60〜64歳のクラスでの
日本新記録。
次の大会では公式記録として出すと言っている。
61歳で自己最高記録が出た、という。
信じられないが、
「俺はまだ速くなる」と言っている。
61歳。
鉄人かもしれない。

2011.10.16
盛岡わんこそば

テーマ:日常

人生二度目のわんこそば大会。

味は美味しいんだよ?

でもそれは最初だけね。

あとは死合い。

前回は103杯。

今回はそれを越えたいとか別に思っていなかった。だって、誰がたくさん食べれるか、って、別に、、ね、、、。

いつものエプロン付けてスタート

昼の12時。体は目覚めたばっかり。

一口目から今日はダメだと思った。ずっしり胃に入ってくるのがよくわかった。

よし、今日はちょうどいいとこでやめよう。

誰も得しないし。。

50杯目手前でお椀の蓋を一度閉じた。

しかし、ソバをお椀にぶっ込んでくるお姉さんがいない時に蓋を閉じるのはルール違反らしく、俺はそれをやってしまった。お代わりを厨房から持ってきたお姉さんに蓋を開けられ、蕎麦が投入された。

ゆっくり、それはそれはゆっくり、なぜか歩みを止めなかった。

まわりのみんなのお椀がどんどん重なってタワーが出来上がっていく。。

俺は遅れていた、完全に先頭集団が見えなくなってきた。

もはや、まわりのペースを気にしなくなった。

その時、

「パッチーーン」

パンパンのお腹なのにスイッチが入った。

西東京の俺がこれではいけない。

「へなちょこでも気分はサムライや、そういう俺が俺は好きや」(ウルフルズ「サムライソウル」)

どんどんお椀のタワーが目の前に出来上がっていく。

そしてまわりからはどんどん脱落者が出てきた。

ニヤリ、、、

ここから差し馬の力の発揮どころだ。

マネージャークボナガを残し、みんなやめた。

クボナガは今にも終わりそうだった。

あいつは100杯行くかいかないかだった。

私は気付けば前回の103杯を越えていた。

腹一杯とかそんなんはとっくに越えてた。朝起きてすぐわんこそばを100杯以上も食べるバカがここにいる。

115杯、終了。

うちのクルーの中では文句無しのトップ。胃袋の膨れ具合もトップオブザトップ。

人は胃袋を限界を越えてまで膨らますと、五感全ての機能が明らかに低下する。

歩くのがやっと。目もかすんでくるし、音もよく聞こえてこない。顔色は真っ白だったらしいw

マネージャークボナガの目は数字の3になっていた。ピヨっていた。

食べ終わってから数時間経った今、やっと普通になってきた。

食事は無理して食べる物ではありません。おいしく、適度な量をいただく物です。

男は時として、どんな場合でも限界を越える覚悟と気合いを持っていないといけません。

例えそれが食事であっても。。

只今、盛岡より東京方面へ車を走らせています。

もうやらないよ、わんこそば。多分。

20111016-171350.jpg

20111016-171403.jpg

2011.10.15
ツアーボヘミアニズム4 盛岡

テーマ:ライヴ

4本目、盛岡。
徐々にライヴのグレードが上がっていくと共に私の首が太くなっていく。

盛岡、熱かったろ?

今夜はもう何も残ってない。

でも食事には行こうかなー。

どこの地域行ってもそれっぽい物は食べてないですねー、今回。

なんつーか、そんなに、、、あんまり、、興味が出てこないっていうか、、、そういった力も使い切ってる、というか、、体力がないのか、、食に興味が薄いのか?

んー、わからないが、とにかく毎ステージ充実しているね。

私のギターの音も史上最高地点に来ている。

まだまだあるんだけどね、最高はね、頭ん中ではね。

わんこそば大会??明日?

するんだって、みんなで。

おいしく食べるよ。もちろん。

ただな、、俺、西東京ではかなりの負けず嫌いで通ってるからなー。。無茶しちゃうんじゃないかなー。
一度前やった後の感覚は最悪だった事を脳みそ、肉体が確かな記憶を残しているんだよな。。

盛岡、ありがとう。

遠くから来てくれてる人もありがとう。

20111015-211548.jpg