豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2011.09.20
どこで聴くか

テーマ:ライヴ

稀勢の里が好きです、豊田です。

ハッピーミュージックフェスタ2011

今年で二回目。

豪華な、それは豪華な出演者でした。(全アーティストの事書いたらキリないわ)

中でもトータス先輩の野良猫を歌った歌が大好きだ。

去年の同じイベントの直前にひらめく様に出来たと言っていた曲、タイトルも知らないし、今はっきりとも思い出せないし、あっさり終わる曲なんですが、ダメなんだよあの曲、ワンフレーズで涙出てくる。まだ何も言いたい事わかってない段階で泣ける曲、あるんだよね、そういう曲

声、歌、はその人の心を映します。

究極言えば歌詞なんて無くたってラララだけでも感動できるんではないかと思うわけです。

歌詞が大事とされるのはよくわかりますが、耳で聴いたメロディーに乗った言葉を頭で解釈していかずとも、心に直接ブッ刺さるような音楽、理屈とかそれっぽい言葉を並べたような音楽なんかよりずっと大きな説得力を持つ音楽ってあると思います。だから「洋楽は何言ってるかわからない」と言うのもわからなくはないですが、そんな事はないよね。音楽は耳から聴こえてくるだけではないのです。

あ、でもそのトータスさんの野良猫の歌、

歌詞スゲーいいんだよ。

本人にももちろん伝えましたよ。

「わかったからやめろ、恥ずかしいやないか」

と言われました。

明日は私は歯医者に行きます。

歯石を取ってもらいます。楽しみです。嘘です。

2011.09.19
AIRJAM

テーマ:ライヴ

パンクなど反社会性から生まれた音楽に強く共感を得てそれを生きがいと感じ、音楽で何かを爆発させたいと思い必死だったあの頃を、今まさに新しい道を切り開こうとしているこの瞬間に、なぜかこのタイミングでモロに私の胸に突き刺さるハイスタの再集合。

勇気と自信がここまでもらえるとは。

震災の復興として再集合したわけだが、これには衝撃的だった。何だかいつからか徐々にしおれていってしまった自分の中の魂みたいな何か、これが一気に膨れてそれこそ今ハチキレそうだ。

何だよ、俺、やれるんじゃん、って思える日がこの先来るという理想が今持てる。

20110919-014630.jpg

2011.09.18
誕生に祝して

テーマ:日常

私の日記をここから始めます。

なんと清々しい夜でしょうか。

音を立てて何かが産まれる予感。

いや、もうとっくに産まれていた事にただ気が付いただけなのか。

人生とは素晴らしい可能性に満ち溢れていて疲れます。

希望の夜だ。

明日起きれるか不安だ。