豊田ヒロユキ オフィシャルブログ


プロフィール

豊田ヒロユキ

豊田ヒロユキ

HIROYUKI TOYODA
1980.02.19生まれ
A型 西東京出身

ギタリスト。 ルーツはハードロック・メタル・パンクロックなど。 その他、様々なジャンルアーティストのバックバンドなどを経験する

続きはこちら

アーカイブ

一覧はこちら

インフォメーション

一覧はこちら

ディスコグラフィー

一覧はこちら

リンク


2017.09.08
秋に弱い

テーマ:未分類

会話の中で季節とか天気の話になる時はだいたい話題が無い時。

春=始まりの感じがするからアゲ

夏=文句なしの強制アゲ(仕方なく)

冬=サゲのように思えるけど、正月を目の前にしている、というところでアゲ
秋=○○の秋とか言って無理矢理アゲに持って行こうとする。ところが結局過ごしやすいだけなのでサゲ。
また、過ごしやすい分、季節の香りの印象が強く残っているので、ふと幼い頃の自分の記憶が蘇り易く、切なくなる回数が多い。

得意じゃない。前向きになりにくい。

夏の思い出をひとつ。

まぁ、察して下さいや。(これすごいと思うよ)

2017.08.09
作新がんばれ

テーマ:未分類

応援する。

2017.07.27
磨斧作針(なんて読むか忘れた)

テーマ:未分類

高校野球栃木県大会。作新優勝。

第2の母校と言っても良い(登校歴があるからw)

準決勝、決勝と観に行った。

応援している立場なのに、もう緊張で緊張で、、、選手達の緊張具合はじゃあどうなんだろうって思うけど、そこが甲子園に行けるチームの強さ、勇ましく、それはそれは勇ましく、もちろん緊張もしてただろうけど、私達が知る事のできない日々の練習、生活、の小さな1つ1つの積み重ねの成果でしょうね。逆に選手達の方が自信あったんじゃないかな、大きくみえたし、頼れる感じあった。終わってみれば、だけどw

私の高校3年の時は、、、やめよう、考えるのはやめよう。比べてはいけないw

魅力的なユニフォームをスタンドで見た。帰りに恐る恐る声をかけ、写真を撮らせていただいた。


聞くところによると、残念ながらベンチ入りを果たせなかった3年生が着るユニフォームらしい。おじさんはこれだけで泣けてくる。

表の左胸には「磨斧作針」

と書いてある。なんて読むか聞いたけど忘れた、、

「作新」を「作針」としたのはおそらく監督の「小針」から取ったものではなかろうか。

磨斧作針。磨く、斧(バット)、作る(創る)、小針監督の元で、みたいな感じ?

何だよ、単なる青春かよ、、最高じゃねーか、、、

高校野球に自分の人生乗っけてんじゃねーよ。。

半分乗っかっちまってるよ。。何なら両足どっぷりだ。


3年生の啓太、17歳、KTA17。私の甥。

高校生活全部の夏、甲子園だって。

吹奏楽部も野球部並に本気で凄いよ。びっくりするくらい上手い。演奏会行く度に本気でそう思うから、普段どれだけ練習すればこうなるのか、と音楽家目線で予想すると、、かなり、、ですよ。

野球の応援してる場合ではないくらい実は吹奏楽部は吹奏楽部で忙しいのだ。ちょっと言い方悪いかなwそれでも何とかしっかりやってくるんだよね。生徒の頑張りももちろん大きいけど、顧問の先生、野球部で言えば監督、目標までの生徒の持っていき方、コントロール(物ではないけど)、プラン二ング、普通の人では出来ませんよ。尊敬するのも申し訳ないレベルだな。

青春は年齢じゃない。精神的なところだ。

生涯青春。

磨斧作我